病院の選び方

視力矯正手術というのは、日本でもかなり浸透している手術となります。そのため、全国各地の眼科で手術を受けることが出来るようになっています。ただ、どこの眼科で視力矯正手術を行なっても同じ効果を得ることが出来るというわけではありませんし、費用も変わってきます。
人によって重視する点は違うと思いますが、やはり第一に「安全な施術ができる」ことが前提となるでしょう。
そこで、安全に視力矯正手術を受けることの出来る眼科の選び方についてお教えします。

まずは専門医であることが大切です。
視力矯正手術というのは、日本眼科学会認定専門医に執刀してもらうことで、高い技術と知識で手術を行ってもらうことが可能です。視力矯正手術だけではなく、眼病がある場合にも適切な処置をしてくれます。

また、手術を行なう前の検査が充実しているところを選ぶようにしましょう。
手術前には、視力矯正手術を行なうことが出来るかどうかの検査が必ず行なわれます。その時、検査項目が多いことで眼の状態を正確に把握することが出来ます。

安全な手術を受けるためには、今までの実績が多い医師(病院)を選ぶようにしましょう。たくさんの手術経験を積んでいるということは、それだけ多くの患者に信頼されて、利用されているという証拠です。

眼科だけではなく、すべての診療科で言えることですが、インフォームドコンセントがしっかりとしているところにしましょう。インフォームドコンセントというのは、医師が十分に説明をし、患者が納得した上で治療を受けることです。患者が質問したことには丁寧に分かりやすく答えてくれるかということがポイントとなります。

最後に、視力矯正手術を行なった直後というのは角膜の抵抗力が低下しています。そのため、術後何かあった場合でもすぐに対応してくれる保証制度と対応力があるところを選ぶようにしましょう。