注意すること

視力矯正手術というのは、非常に安全性の高い手術として知られています。しかし、さらに安全な視力矯正手術にするためには、手術について気をつけなければならないことがいくつかあります。このページでは、手術の前後で気をつけておきたいことを紹介します。

手術の前に気をつけておきたいことについて紹介します。
視力矯正手術を行なう当日には、静電気を発生しやすい衣類を
避けるようにしましょう。このような素材の衣類を身につけることによって、照射されるレーザーが不安定になることがあります。
また、香水や制汗スプレー、整髪料などの使用も当日は避けるようにしましょう。
女性であれば、当日はノーメイクです。アイメイクだけではなく、日焼け止めや口紅なども使用してはいけません。

手術の後に気をつけておきたいことについて紹介します。
視力矯正手術を行なった当日というのは、そのまま帰宅することが出来るようになっています。ただ、術後状態が安定するまでは処方された薬をしっかりと守って服用するようにしましょう。
当日は、出来るだけ安静にしておくことが大雪となりますので、洗顔や入浴などは控えてください。ただ、翌日であれば通常通りの生活を送ることが出来ます。
女性であればメイクは術後3日から始めても良いですが、出来るだけ1週間程度はアイメイクを控えるようにしましょう。

このように視力矯正手術を受けるにあたって気をつけておきたいことはいくつかあります。実際に視力矯正手術を受ける前にも注意事項の説明はありますので、全て守るようにしましょう。状態が安定するまでは気をつけなければならないことがいくつかありますが、少しの期間辛抱すれば問題はありません。

快適な生活を始めるためにもしっかりと守るべきことは守り、手術に臨みましょう。